インデックス投資家の老後生活<実践編>

インデクッスファンドの運用で老後生活を少しでも豊かに有益に過ごしたい、と思っています。 株式、為替などに日々関心を持ち、長期的な視野でインデックス運用をしていく記録です。

インデックス投資家の老後生活<実践編> イメージ画像
65歳の前期高齢者となりました。
本格的な「老後」を迎え、資産形成を図りつつ
資産を取り崩して行きます。
なるべく詳しくお伝えしたいと思います。

歴史と経済

 ご訪問ありがとうございます。    公開講座に出席するために、とある大学へ来ています。 非常に久しぶり。昨年の秋以来、です。 選んだのは日本の歴史、主に江戸時代に関する講座。6回シリーズで、受講料は約2万円。 子供の頃から歴史に興味がありましたが、史学科へ
『公開講座に来てみた【久しぶり】』の画像

 ご訪問ありがとうございます。    お若い方はお聴き馴染みが無いかも知れません。かなり長い間「一億総中流」なる言葉が跋扈していました。 1970年台の「国民生活白書」では、9割の人が「自分は中流」と示したそうです。 1958年生まれの私は、中高生の時に「一億総中
『「一億総中流」という言葉があった』の画像

 ご訪問ありがとうございます。    昨日のTOPIX、終値は2,813ポイントでした。ザラ場の最高値は2,820です。 個別株を手掛けていた2008年までは、ともかく「日経平均」にしか目が行きませんでした。しかし、インデックス投資家に宗旨替えして幾年月、今は「TOPIX」の動き
『TOPIX最高値を待つ【あと70ポイント】』の画像

 ご訪問ありがとうございます。    日経平均4万円突破、おまけに同日小売り価格も最高値、すわバブル到来か、との論調も増えて来ました。 しかし、バブル絶頂期を知る者としては「まだまだ」という感じです。爺さん臭くいえば「足りん」でしょうか。 1980年代半ばから19
『「バブル」時はもっと狂っていた』の画像

 ご訪問ありがとうございます。     日経平均が高くなり、最高値を付けた1989年を振り返ることが多くなりました。 いろいろあった年です。 大きくは昭和天皇の崩御、平成という元号に変わった年なのですが、我が家では長男誕生、という大きな節目となりました。長男、
『1989年の出来事【バブル最高潮】ハンディカムを買った』の画像

↑このページのトップヘ