金融経済面

「倒産予備軍、コロナ前近づく
 企業の借金、代位弁済45%増 
 100%保証は上昇リスクに」

 コロナ禍中も、このことを心配していました。当時、小企業の経営者だった私は心底懸念を持っていました。

 「政府による新型コロナウイルス禍の手厚い中小企業の支援策が6月に終わるのを控え、実際の資金繰りが平時に戻りつつある。借金返済を信用保証協会が肩代わりする代位弁済は45%増え、全体に占める割合はコロナ禍前の水準に近づいている。倒産予備軍の多さを示す先行指標で、新陳代謝が進む可能性がある」
 資金繰り、自転車操業の中小も多いはず。

 「政府はコロナ禍で業績が悪化した中小企業の資金繰りを支えるため、2020年3月から22年9月にかけ、元本の返済と利子の支払いを一定期間免除する実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の措置をとってきた」
 悪い政策ではありませんでした。助かった会社も多かったはず。

 「22年9月末時点で利用数は約245万件、融資額は43兆円程度にのぼる。23年夏から返済が本格化し、24年4月に最後の返済ピークを迎え、約5万社が返済期に入った」  
 返済できれば良いのですが。  

 「ゼロゼロ融資の返済を巡ってはコロナ禍からの業績回復が進む企業と、経営不振から抜け出せない会社で二極化が進む。中小企業庁によると、民間金融機関でゼロゼロ融資を借りた企業のうち、24年3月末時点で完済した割合は16%だった。53%が元金を返済中だ」
 「一方で資金繰りの回復にメドが立たない企業も少なくない」
 でしょうねえ。

 「借入金を手当てできずに代位弁済を受けた割合は2%あった。全国信用保証協会連合会によると、ゼロゼロ融資以外も含む23年度の代位弁済は4万3830件と前年度比45%増えた。代位弁済額は4割増の4946億円だった」
 代位弁済とは、借金の返済ができなくなった時に、間に入っている保証会社などが借金を返済する制度。

 「信用保証協会の全体の保証債務残高に占める代位弁済の割合は23年度に1.3%と、コロナ禍前の19年度の1.6%に近づいてきている。ゼロゼロ融資の資金繰り支援のあった20~22年度は1%を下回っていた」
 「足元では物価高や人件費増などで返済が難しくなり代位弁済を受ける企業が増えているようだ」  
 そうなると倒産も増えて来ます。

 「資金繰り支援を安易に延長し続けるのでなく、膨らんだ債務を中小企業がどう自立的に返せるようにしていくのか。増える倒産予備軍の体質がかわらないままゾンビ企業になれば、産業の新陳代謝が進まず、成長分野への人材移動も滞る。円滑に平時に戻す重要性が高まっている」  
 日経新聞の立ち位置は、無理に延命せずに、倒産すべき会社は倒産し、新陳代謝を促す方が良い。その方が新しい産業も生まれる、と一貫しています。  
 そこで働いている人はたまらないでしょうけれど。

                   

       スクリーンショット (28) 


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。お役にたちましたら、クリックをお願い致します。
今後の励みと致します。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサードリンク