インデックス投資家の老後生活<実践編>

インデクッスファンドの運用で老後生活を少しでも豊かに有益に過ごしたい、と思っています。 株式、為替などに日々関心を持ち、長期的な視野でインデックス運用をしていく記録です。

インデックス投資家の老後生活<実践編> イメージ画像
65歳の前期高齢者となりました。
本格的な「老後」を迎え、資産形成を図りつつ
資産を取り崩して行きます。
なるべく詳しくお伝えしたいと思います。

2023年10月

グローバル市場面「米長期金利5%に最接近、市場揺らす 円150円台、日経平均も668円安」 アメリカの金利に振り回されています。 「米長期金利が再び5%の節目に迫り、ドル買いが加速。対ドルの円相場は1ドル=150円台後半と1年ぶりの安値を更新した。金利上昇を嫌気し、日経
『米長期金利、16年ぶり5%台 今朝の日経から23年10月27日【株式・投信・マーケット】』の画像

マーケット総合面「海外勢、現物株3週ぶり売り越し 米金利上昇でリスク回避」 毎日のような乱高下、見ていて疲れます。   昨日の日経平均は608円安の30,601円、TOPIXは30ポイント安の2,224ポイントで引けています。 マザーズは15ポイント安、東証リート指数は12ポイン
『こりゃ、売りたくもなります 今朝の日経から23年10月27日【株式・投信・マーケット】』の画像

 ご訪問ありがとうございます。 ブログで「老後資産を取り崩す時が来た。これから取り崩します」と宣言したのに、なかなか踏み切れません。 まず、どこから手を付けるかで悩みます。 第一の候補は日本国債でした。 しかし、国債の直近償還は2026年。26年以降に次々と償
『「ケチ」という名の病い【貯めるより使う方が難しい】』の画像

総合1面と1面「中国不動産・碧桂園 デフォルト該当 ドル建て債、金融機関が通知」 今朝は中国に関するニュース二つを取り上げます。 まずは碧桂園。 「中国不動産最大手、碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)のドル建て債の利払いを巡り、債券の事務手
『中国の記事二つ 今朝の日経から23年10月26日【経済情勢】』の画像

1面「減税案、所得税3万円 住民税は1万円 所得制限を検討」 減税の案もだんだんまとまって来たようです。少し具体的になって来ました。 「政府は検討中の4万円の減税の内訳について、1人あたり所得税3万円、住民税1万円をそれぞれ定額で減税する方針だ」 「年末までに制
『本日も減税の話題を 今朝の日経から23年10月26日【経済情勢】』の画像

↑このページのトップヘ