インデックス投資家の老後生活<実践編>

インデクッスファンドの運用で老後生活を少しでも豊かに有益に過ごしたい、と思っています。 株式、為替などに日々関心を持ち、長期的な視野でインデックス運用をしていく記録です。

インデックス投資家の老後生活<実践編> イメージ画像
65歳の前期高齢者となりました。
本格的な「老後」を迎え、資産形成を図りつつ
資産を取り崩して行きます。
なるべく詳しくお伝えしたいと思います。

2018年07月

首都圏  13版  3面「つみたてNlSA半年  女性・若者つかむ」  記事の通り、つみたてNlSAへの資金流入額が230億を越え、20代、30代の若い層が過半を占めている、そうです。   自分が気になったのは「通常の投信は60歳以上が大半を占める」と言う表現が二回出

首都圏  13版  5面「ホンダ、狭山工場一転存続」   基幹部品の生産継続  閉鎖を打ち出していた狭山工場を存続させる、そうです。同じ埼玉の寄居に工場を作り、寄居に集約させる予定を見直しました。  昔、昔にホンダの狭山工場を見学させて貰ったことがあります。と

 「早く来ないかなあ~」と心待ちにしているものがあります。 厚生年金基金の解散分配金。ふふ、字面を見ただけで笑いがこみ上げる。 厚生年金基金は、親会社にいた時に会社が従業員のために積み立ててくれていたもの。国民年金の上に厚生年金があり、さらにその上(三階
『今、待っているもの』の画像

  水害の被害に遭われた地域へ贈られると知り、貯まったマネックス証券のポイントを使いました。手続きしました。まあ、PCをポチしただけですが。   大したポイント数ではありませんが、使って頂ければ、と。   福島県の日本酒を飲むだけではなく、インデックス投信で得
『マネックスポイント使いました』の画像

 今、保有しているインデックス投資信託はいくつかあります。 信託報酬が安いインデックスが登場するたびに乗り換えているので、積立はやめてしまったが売却することなく持ち続けています。額が大きいものからだと、まず「SMT 世界経済インデックスファンド債券シフト型(
『保有しているインデックス投信 ① 世界経済インデックス』の画像

↑このページのトップヘ